top of page
Design Elements -01.png
Design Elements -04.png

センター・オブ・ガレージ・マレーシアでセミナーを実施しました




2024年2月22日にセンター・オブ・ガレージ・マレーシアで行われた「Tech-Garage Seminar, Vol. 1 – Novel Inspection Technology」にCASTが登壇したことをご報告いたします。


センター・オブ・ガレージ・マレーシアは、リバネスグループがマレーシアで運営するディープテックに特化したインキュベーション施設です。セミナーは初開催となり、日本やマレーシアの新たな技術を現地機関に向けて紹介し、社会課題の解決と事業創出を図るために実施されました。


当日は、マレーシア現地でインフラ・製油所の検査等を行う企業約10社、現地大学及び政府関係の5つの機関から計30名が参加。CASTの技術や製品を知っていただく好機となりました。





セミナー前半は、CASTのコア技術や配管減肉モニタリングシステムについて等、具体的な技術や製品を紹介。CASTの製品が高温箇所に対応するセンサーであることや、製造現場保全の課題である狭所や高所などアクセスの難しい箇所にも対応が可能であることを紹介し、日本国内の実証案件についても報告しました。





その後、実際の配管2種類を使って超音波センサによる厚み測定とユーザーインターフェースのデモを行い、配管内の腐食が起きるケースでの検査結果の紹介を行いました。デモ後は個別の商談機会があり、参加した現地企業と具体的なサービス導入の可能性について議論しました。


本セミナーはBeyond Horizon Technologies社と共同で登壇。セミナー主催の株式会社リバネス様より、両者の強みや技術の使い分けについても紹介いただきました。





今後もCASTは、マレーシア現地プラントなどでの実証導入案件の獲得や現地パートナー企業の獲得など、販路拡大を目指してまいります。





<Beyond Horizon Technologies社について>

2012年にマレーシアで創立した同社は、さまざまな分野にわたる遠隔検査技術アプリケーションのトッププロバイダーになるというビジョンを掲げています。石油・ガス/海事産業内の閉鎖空間などの困難な環境での遠隔検査によるソリューションを提供しています。



閲覧数:75回

Comments


bottom of page