top of page
Design Elements -01.png
Design Elements -04.png

徳島津田バイオマス発電所にて実証実験を開始しました




株式会社CASTは、株式会社レノバが出資する徳島津田バイオマス発電所にて実証実験を開始したことをお知らせします。CASTの「配管減肉モニタリングシステム」を発電所内に設置し、CASTとしては初のバイオマス発電業界にて固体燃料による配管摩耗箇所などで同システム動作実績の獲得を目指します。



■実証実験内容について

徳島津田バイオマス発電所内に弊社の配管減肉モニタリングシステムを設置し、現場環境において100日以上にわたる長期(2024年3月までに実証終了想定)の実証データを取得するとともに、無線データ伝送の実証を実施します。



実証概要は以下のとおりです。

  • ボイラ燃料系統 固体燃料による内部の摩耗減肉が予想されるシュートへのセンサー取付

  • ボイラ給水系統 稼働時180℃程度の高温水配管への保温材下へのセンサー取付

  • 1日2回の定時計測結果をリアルタイムにクラウドに格納し、オンラインでどこからでも確認できる環境の構築



詳細はプレスリリースをご覧ください。



製品や採用に関するお問い合わせ:https://www.cast-sensing.com/inquiry


閲覧数:103回
bottom of page